東北がんネットワーク

HOME>医科歯科連携専門委員会

医科歯科連携専門委員会

医科歯科連携専門委員会について

近年、医科における歯科の果たす役割が大きく注目を浴びています。厚生労働省においても、平成24年度の診療報酬改訂では、がん手術、放射線治療、化学療法、臓器移植術などを受ける患者さんに対する「周術期口腔機能管理」が算定できるように整備し、医科歯科連携によるがん患者の口腔管理は国策として推進されております。そこで東北がんネットワークでも、平成28年に医科歯科連携専門委員会を立ち上げ、がん患者の口腔管理の強化に努めることとなりました。

医科歯科連携専門委員会の活動目標

  • 医科歯科連携に関する情報を交換することにより、情報の共有化を行う。
  • がん患者の口腔管理に関して、均てん化と質の向上を目指す。

医科歯科連携専門委員会の活動実績

[平成30年]

  • 8月5日
    医科歯科連携専門委員会 開催予定(宮城県歯科医師会館)
  • 2月17日
    Adverse event management seminar がん薬物療法・頭頸部化学放射線療法時の口腔管理方法 〜実際にやってみよう〜 (宮城県歯科医師会館)
    「医師からみた、薬物療法・頭頸部化学放射線療法における口腔内合併症について」  宮城県立がんセンター頭頸部内科 山ア知子先生
    「歯科医師からみた口腔管理の必要性について」
    国立がん研究センター東病院 歯科 小西哲仁先生
    「口腔管理の手法・実際の治療」
    仙台青葉短期大学歯科衛生学科 伊藤恵美先生
    骨髄移植患者医科歯科診療連携のための講習会 (宮城県歯科医師会館)
    「同種造血幹細胞移植の変遷と現状」
    東北大学病院血液免疫科 張替秀郎先生
    「同種造血幹細胞移植の方法と成績」
    東北大学病院血液免疫科 大西康先生
  • 1月26日
    医科歯科連携専門委員会 開催(新潟グランドホテル)
    11名が参加(新潟より2名の先生が参加)
    ・これまでの経緯や本委員会について説明
    ・各県の医科歯科連携に関する組織や活動を事前アンケートに基づき報告

 

[平成29年]

  • 12月
    新潟大学に医科歯科連携委員の選出をお願い。
  • 10月15日
    がん医科歯科連携セミナー (宮城県歯科医師会館 5階講堂)
    メインテーマ:今後の宮城県内のがん医科歯科連携を再考する
    講演1 宮城県立がんセンターの医科歯科連携の現状
    宮城県県立がんセンター頭頸部内科 山ア知子先生
    講演2 がん医科歯科連携の先行的実施をした徳島県の現状と、連携の際の秘訣を考える
    東北労災病院歯科副部長 永井浩美先生
    コーディネーター 飯久保正弘 
    *東北6県の歯科医師会の代表が参加し、顔合わせ会を行った。
  • 9月23日
    東北がんネットワーク総会にて、東北6県の全ての歯科医師会の入会が承認。
  • 9月1日
    「入会の御案会」「会費の納入について」「総会・特別講演会のご案内」を各歯科医師会の事務局宛に送付。
  • 2月16日
    運営委員会にて、各県の運営委員から歯科医師会に、正会員としての参画を働きかけていただくことで合意。

 

[平成28年]

  • 11月27日
    第一回 東北がんネットワーク 医科歯科連携専門委員会
    平成28年11月27日
    東北大学大学院歯学研究科 C1セミナー室
    講演会 百合草 健圭志 先生 静岡がんセンター 歯科口腔外科 部長
     「地域連携の構築について」
  • 東北がんネットワーク 医科歯科連携専門委員会 設立

医科歯科連携専門委員会のイベント情報

 

このページの上部に戻る

東北がんネットワーク