東北がんネットワーク

HOME>化学療法専門委員会

化学療法専門委員会

化学療法専門委員会について

東北がんネットワークが設立され、6つの専門委員会が立ち上がりました。化学療法専門委員会はその中の1つです。この委員会は、がん薬物療法に関する様々な課題を取り上げて情報を共有することにより、標準的ながん薬物療法の普及、クリティカル・パスを含めたネットワーク形成、専門性の高い医療従事者の養成、臨床試験を含めた最新のがん薬物療法への取り組み寄与し、東北地方におけるがん薬物療法の水準の向上に貢献しようとする委員会です。メーリングリストにより委員間の意見交換を行い、がん薬物療法に関して各医療施設の取り組むべき課題や各県のがん診療連携協議会の課題を共有することにより、より効率的で広域のがん対策を目指します。

平成22年度〜平成23年度上半期の活動報告

化学専門委員会では、平成22年度に厚生労働科学研究費がん臨床研究事業「東北地方のがんネットワークによるがん診療連携拠点病院の化学療法均てん化事業」(石岡班)を取得し、平成22年度〜平成23年度に事業計画沿って、以下の事業を実施している。

  1. がん化学療法プロトコル統一事業(班員:西條康夫・弘前大学・リーダー、伊藤薫樹・岩手医大、石田 卓・福島医大)
  2. 化学療法に関するアンケート調査(班員:加藤俊介・東北大学)
  3. 臨床試験推進事業(班員:吉岡孝志・山形大学)
  4. 個別化治療推進事業(班員:柴田浩行・秋田大学)
  5. 地域がん診療連携拠点病院における化学療法の標準化事業(班員:蒲生真紀夫・大崎市民病院)

また、運営委員会や放射線治療専門委員会と協力して、平成23年3月11日に発生した東日本大震災による被害状況をアンケート調査や現地視察(石巻地区1回目2回目大船度・釜石地区いわき地区相馬地区)により調査し、医療機関への支援活動と患者支援活動に取り組んだ。

平成23年度下半期の活動報告

平成24年02月04日

東北がんネットワーク化学療法専門委員会・宮城県がん診療連携協議会化学療法部会で下記の資料が発表されました。

資料1pdf  資料2pdf  資料3pdf

平成24年01月19日 平成23年度厚生労働科学研究がん臨床研究成果発表会で、東北地方のがんネットワークによるがん診療連携拠点病院の化学療法の均てん化事業の成果について発表しました。pdf

平成24年度の活動報告

平成24年09月08日

東北がんネット化学療法専門研修会を開催しました。

第1部「がん治療均てん化への取り組み」・第2部「がん医療に必要な2つのネットワーク〜地域医療ネットワークとがん細胞の分子ネットワーク〜」の2部構成で行いました。
チラシpdf

研修会後、参加者に記載いただいたアンケートの集計結果はこちらです。
アンケート結果pdf

このページの上部に戻る

東北がんネットワーク